Japanese Red Cross Medical Center Emergency and Critical Care Medicine Center

スタッフ紹介

  • HOME »
  • スタッフ紹介
常勤スタッフ

部長
林 宗博(はやし むねひろ)

専門分野

救急医学、プライマリ・ケア、心臓血管外科、災害医学、メディカルコントロール

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会指導医・救急科専門医・評議員
社会医学系指導医・専門医
日本プライマリ・ケア連合学会指導医・プライマリ・ケア認定医
日本臨床救急医学会評議員
日本集団災害医学会評議員
ICD(インフェクションコントロールドクター)
岩手医科大学医学部非常勤講師
国士舘大学体育学部スポーツ医科学科非常勤講師
臨床研修指導医
卒後臨床研修評価機構(JCEP)サーベイヤー
東京消防庁救急隊指導医
東京消防庁救急相談センター救急相談医
日本DMAT隊員・統括DMAT認定者
東京DMAT隊員・東京DMAT運営協議会委員
日本赤十字社災害医療コーディネーター
日本救急医学会ICLSインストラクター・コースディレクター
MCLSインストラクター 世話人
緩和ケア研修会修了者

他己紹介

血管縫合はちょちょいのちょい!心臓血管外科時代のスキルを若い救急医たちによく伝授してくれています。ECMO管理に関連した血管の手術や、開胸を要する外傷などでも、一流の手技を教えてくれます!組織のあり方を大切にしつつ、救急部全体が社会に対してきちんと役割を果たせるように日々指導してくれます。ダジャレ頻度は救急一です。

副部長
諸江 雄太(もろえ ゆうた)

専門分野

救急医学、外傷外科、熱傷、中毒、災害医学、医療保険制度(診療報酬)、メディカルコントロール

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会指導医・専門医・評議員
日本外傷学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本中毒学会クリニカル・トキシコロジスト・評議員
日本臨床救急医学会評議員
社会医学会系指導医
JATECインストラクター
東京DMATインストラクター・隊員
日本DMAT隊員・統括DMAT・タスク
日本赤十字社災害医療コーディネーター
東京消防庁救急隊指導医
東京消防庁消防学校非常勤講師
東京DMAT事後検討委員会委員
日本DMAT関東ブロック協議会作業部会委員(コアメンバー)
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医
難病指定医

他己紹介

救急科のエンターテイナーでかつては夢の国の船長だったそう。ダメージコントロール手術に関する指導は的確でわかりやすく、論文指導にも熱心な生粋の外傷外科医。中毒・熱傷も得意分野で植皮指導も上手。とある生活習慣病を完全に治癒させるほどの意識と実行力の持ち主でもある。火山をこよなく愛し、医局の机にはウラン鉱石などの珍しい鉱石が複数隠し置かれている。地球誕生の話を始めれば、永遠に熱く語り合えるが、ここ最近はYouTubeの動画で地球物理・Nゲージレイアウト・ダムの放水などを良く見ている様子で、今後の動向が気になる。

山下 智幸(やました ともゆき)

専門分野

救急医学、麻酔科学、母体救命、宇宙航空医学

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会 救急科専門医
麻酔科標榜医
社会医学系専門医
宇宙航空医学認定医
日本DMAT隊員・統括DMAT認定者
東京DMAT隊員
日本赤十字社災害医療コーディネーター
臨床研修指導医
東京消防庁救急隊指導医
東京消防庁消防学校非常勤講師
緊急被ばく医療指導者
日本母体救命システム普及協議会J-CIMELS 理事
J-CIMELS学術委員会 委員
J-CIMELSプログラム開発・改訂委員会 委員(アドバンスコース部会長)
J-CIMELSインストラクター委員会 委員
母体救命アドバンスガイドブックJ-MELS編集委員
妊産婦死亡症例検討評価委員会 本委員会委員
日本臨床救急医学会 蘇生ガイドライン2020検討委員会 妊産婦蘇生ワーキンググループ
日本蘇生協議会JRC蘇生ガイドライン 妊産婦蘇生(Maternal)作業部会 
日本産科麻酔学会 産科救急ワーキンググループ 委員長
TNT研修会修了者
母体救命J-MELSアドバンスコース ゴールドインストラクター・ディレクター
母体救命J-MELSベーシックコース インストラクター
EMERGOシニアインストラクター
NDLSインストラクター
バチカン生命アカデミーPontifical Academy for Life Young Researcher

他己紹介

母体救命といえばこの人。JMELSアドバンスコース開発に尽力し、日本の妊産婦死亡ゼロを目指して、日々邁進中。麻酔科標榜医の経験を活かした気道管理や、全身管理のスキル、マネジメントはピカイチ。初療だけでなく、集中治療でもその力を発揮する。その興味は医療のみならず、宇宙や航空にまで広がり、時に変わったことに興味が向き変人扱いされることもある。医療倫理にも精通しており、日本人唯一のバチカン生命アカデミーの若手会員で、ローマ教皇と何度も握手した人物でもある。(医療倫理に関する詳細はこちら

中野 由惟(なかの ゆい)

専門分野

救急医学、麻酔科学、産科麻酔、集中治療医学

認定医・専門医・資格等

日本麻酔科学会 麻酔科専門医
麻酔科標榜医

他己紹介

常に全力で挑む、熱い情熱の持ち主。いつもハキハキして元気いっぱいで、後輩の面倒見も良い。
集中治療における分離肺換気では後輩を指導し、開腹管理など外科的手技の実践もできてしまう。得意の産科麻酔の知識と技術で、院内の無痛分娩に対しても貢献し、安全管理に寄与している。
学生時代からブレない「母体救急を全国へ!」の精神はさらに勢力を増し、自己研鑽のみならず周囲の人々の士気を高め、全国各地へ情熱玉を飛ばし続けている。ゴルフが得意!?なのも頷けるが(専属トレーナーがいるとか…)、一緒にいるだけでモチベーションが高まるのは、たぶん周囲の人の心には常にホールインワンだからなのだと思う。

山本 裕子(やまもと ゆうこ)

専門分野

救急医学、循環器内科学、心臓リハビリテーション、宇宙医学

認定医・専門医・資格等

日本内科学会認定 内科専門医
循環器内科専門医
医学博士

他己紹介

ICUでIABPを挿入し、サクッと経皮ペーシングを留置し、経食道エコーで心臓診断をおこないながら、ECMO管理も最先端知識を基に心保護と並行させながら総合的な循環管理を実践している。リハビリテーションまで加味した視点は、単に集中治療で救命するだけではなく、機能予後を最大限向上させることに寄与すること間違いない。
ベッドサイドで心エコーを伝授する姿のみならず、宇宙空間における循環動態などについて語る姿も目立つ。日常的に人類が地球を飛び出すときも見据えた視野の広さと宇宙に対する想いには感服してしまう。

鷺坂 彰吾(さぎさか しょうご)国内医療救護部兼務

専門分野

救急医学、集中治療医学、災害医学、情報通信

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会 救急科専門医
日本災害医学会認定災害医療ロジスティクス専門家
日本DMAT隊員・DMATロジスティックチーム隊員
東京DMAT隊員
EMERGO ベーシックインストラクター
母体救命J-MELSベーシックコース インストラクター
日本救急医学会ICLSコース インストラクター・ディレクター
JATECインストラクター
JPTECプロバイダー
MCLSプロバイダー
東京消防庁救急隊指導医
東京消防庁救急相談センター救急相談医
災害医療救護通信 上級エキスパート
第2級陸上特殊無線技士
第二種電気工事士
1級小型船舶操縦士
BHELP修了者
日本航空医療学会 ドクターヘリ講習修了者
Harvard Humanitarian Studies Course修了者
緩和ケア研修会修了者

他己紹介

医者なのかエンジニアなのか判断に迷ってしまうほどの、エンジニア能力の持ち主。いわば情報通信科指導医。情報のやり取りとそのバックアッププランに関してはプロのエンジニアと対等に会話する程。これらの能力は災害医療に大きく貢献している。ここ最近はプログラミングにも手を出し始めたとの説がある。今までに存在しなかった新たな災害覚知システムを確立しつつあり、病院の緊急医療体制準備をいち早く行えるようになっている。ERの制度確立や当直体制、初期臨床研修医の指導体制の質向上を目指している。

乃美 証(のうみ あきら):麻酔科兼務

専門分野

救急医学、麻酔科学、集中治療医学、母体救命

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会 救急科専門医
東京消防庁救急隊指導医
日本DMAT隊員
東京DMAT隊員
JPTECプロバイダー
母体救命J-MELSベーシックコース インストラクター
母体救命J-MELSアドバンスコース シルバーインストラクター
第3級陸上特殊無線技士

他己紹介

患者さんに寄り添う姿勢は誰もが高く評価している。様々な科の疾患に興味を幅広く持ち、絶大な可能性の持ち主。医学教育に対する取り組みも好評で、母体救命関連領域の教育力は恐らく日本一!産科麻酔の講習会や、母体救命アドバンスコースでは産科医・麻酔科医を相手にインストラクター業務をこなしている。現在は、麻酔科業務を支援しながら救急当直をこなす。赤ちゃんの入浴はお手の物のようだが、自宅で19時には始まる入浴に備え、早期帰宅の努力を怠らない。奥さんは飛行機好きで、仲良く一家で羽田空港にいるかも?(コロナ禍でなかなか行けない様子。)

深田 卓也(ふかだ たくや):放射線科兼務

専門分野

救急医学、画像下治療(IVR)、集中治療医学

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会 救急科専門医
東京消防庁救急隊指導医
日本DMAT隊員
東京DMAT隊員
JPTECプロバイダー
母体救命J-MELSベーシックコース インストラクター
PADI Open Water Diver

他己紹介

研ぎ澄まされたバランス感覚により、内因性疾患から外傷までバランスよく管理する。診療のみならず医局のバランスをも整えてくれるが、ここ最近は状況によってボケとツッコミ両者を的確なタイミングで切り替え、雰囲気を和ませてくれる。高校球児だったこともあり、野球解説と入院管理の戦略組み立てがとても上手。緊急IVRで駆けつけ、出血性ショックに至る大出血をあっという間に止めることができるが、帰宅後に赤ちゃんを泣き止ますのには苦労している様子。大動脈ステントグラフトやNon-vasculer IVRの技術を磨きながら子育ても頑張っているイクメンである。

宇野 夏奈(うの かな)

専門分野

救急医学、放射線治療

認定医・専門医・資格等

第3級陸上特殊無線技士

他己紹介

超新星爆発のようなエネルギーを持ち常に元気いっぱい。どんなにきつい環境でも笑顔を振りまいている。精神的な安定度は各方面から高く評価されている。バスケットボール女子らしいフットワークの軽さは診療現場でも健在。あらゆることを学び取るべく積極的で、上級医を「教えたい病」にする魔術師。一方で、強烈なツッコミは誰も太刀打ちできない。

村松 俊(むらまつ しゅん)

専門分野

救急医学、皮膚科学

認定医・専門医・資格等

第3級陸上特殊無線技士

他己紹介

黒縁メガネが輝いていて、300m先からでも声が聞こえたら彼に間違いない。声の音圧は誰よりも高く、指示が良く通るので円滑な診療を生み出す。どんな事柄にも一途に真摯に向き合い続け、大きな壁も確実に乗り越えていく力がある。面倒見が良く研修医を導く姿は輝き、加えてその優しさゆえ看護師から声掛けやすさ第一位と評される。皮膚科医直伝の皮膚病変の診療力は誰もが憧れる存在。

 

山下 颯太(やました りゅうた)

専門分野

救急医学、内科学

認定医・専門医・資格等

第3級陸上特殊無線技士

他己紹介

生理学の知識、探求心はピカイチ。医学全般の知識が極めて豊富で、どんな稀な疾患が登場しても「あ~、その疾患は…」と語れるほど。彼の抱く疑問のほとんどは人類の疑問に等しく、鋭い質問は回答が困難なことが多い。医師に必要なものは生涯学習であることを、行動で示す模範的な存在である。医師のための臨床支援アプリの開発も手掛けている。当直明けに医局で独り言しゃべっていて大丈夫かと思ったら、アプリ開発のオンライン会議だったりする。

廣嶋 俊(ひろしま しゅん)

専門分野

救急医学、中毒学、有機合成化学、有機金属化学

認定医・専門医・資格等

学士(医学、理学)
慶應義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻 修士(理学)
東京DMAT隊員

他己紹介

化学構造式を見ただけで、その物質のつくり方が分かるほどの化学力を持つ。大学で有機化合物合成のための触媒研究をしていたが、その話がとにかくアカデミックかつ面白い。臨床現場におけるアクティビティはとても高く急変があればそこにいて、ポテンシャルの高さが半端ない(エネルギー的に不安定という意味ではない)。患者さんの心も身体も診れる万能さ、コミュニケーション力の高さも素晴らしく、多職種の能力を化学反応させることができるのはさすがである。彼自身が社会における触媒なのだろう。医療界の化学変化に寄与すること間違いなし!

吉田 耕輔(よしだ こうすけ)

専門分野

救急医学、筋肉医学

認定医・専門医・資格等

 

他己紹介

初療の動きが抜群で、24時間どんな時間帯でも判断が正確。そつなく集中治療も実施し、臨床活動全般で効率的である。一見の見た目は整形外科医なのは、鍛え上げられた大胸筋の影響もあるだろう。当直明けには泳いでいるとの話もあり、日々の鍛錬がうかがい知れる。

小川 万里(おがわ ばんり)

専門分野

救急医学

認定医・専門医・資格等

他己紹介

どんな仕事も真摯に向き合い、積極的に学ぶ姿勢が目立つ。頭脳明晰、冷静で穏やか。休みの日にはサイクリングに行くのも好きなようでスポーツも得意。実はメニューを考えながら買い物して帰宅し、料理も効率よくつくれるようで、何でもできる人の典型である。照れながら笑う姿がかわいらしい。
彼の能力を見ると、彼にしかできないことがたくさんあると思われ、今後救急業界を牽引してくれることに期待している。

 

冨田 隆義(とみた たかよし)

専門分野

救急医学、産婦人科学

認定医・専門医・資格等

 

他己紹介

産婦人科学を専攻した後に、救急医学を学んでいる。ERでも産婦人科領域の症例はまさに得意分野である。
夜間・休日問わず重症例が来ると駆けつけてサポートしてくれる機動力は、まさに救急医らしくかつ産婦人科医らしい(緊急性の最たる手術はいわゆるGrade A、超緊急帝王切開である…)。当然ながら外科手技は得意で、動きが滑らかで無駄がない。今後、母体救命の質をさらに向上してくれるに違いない。

松村 直紀(まつむら なおき)

専門分野

救急医学、コーチング

認定医・専門医・資格等

 

他己紹介

会話していると医学知識の豊富さがにじみ出てくる。高身長のイケメンで紳士的な振る舞いであるが、実はかなりの哲学者と思われる。
様々な事象を考察し、難局を乗り越えるヒントを与えてくれる一面もある。早朝からランニングしてから出勤するようなアクティビティの高さがあり、仕事面でも多々貢献してくれるはず。

 

非常勤/外部スタッフ

牧 賢郎(まき けんろう)

専門分野

救急医学、周産期医学、政策医療、医療統計学

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会 救急科専門医
東京DMAT隊員
JPTECプロバイダー
JATECプロバイダー
ICLSプロバイダー
FCCSプロバイダー
母体救命J-MELSベーシックコース インストラクター
母体救命J-MELSアドバンスコース シルバーインストラクター
第3級陸上特殊無線技士

他己紹介

名前から想像できるようにマッケンローと呼ばれる。テニスの腕もピカイチ。穏やかかつ冷静で暴言を吐かないのでテニスプレーヤーのマッケンローとは異なる。高度な産科研修を経て、産科全域がとても得意で新生児蘇生にも慣れている。世の中の不都合な部分を改善していきたいという強い思いを持ち、救急医療のみならず母子保健・終末期医療など、社会の抱える問題の解決に尽力している。山崎賢人似で、写真がいくらで取引されているのか定かではない。

三宅 康史(みやけ やすふみ)

帝京大学 医学部救急医学講座 教授

日本救急医学学会専門医、指導医、評議員
日本集中治療医学会専門医、評議員
日本脳神経外科学会専門医、評議員
日本臨床救急医学会評議員
日本神経外傷学会学術評議員
日本脳神経外科救急学会評議員
日本神経救急学会総務担当理事、第30回総会会長
日本交通科学学会副会長
日本臨床リスクマネージメント学会理事
日本外傷学会専門医、評議員

JATECコースディレクター
ISLSコースディレクター
PEECーWG委員会(委員長)
J-MELSプログラム開発・改訂委員会(委員長)
東京DMATインストラクター

小島 雄一(こじま ゆういち)

日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本プライマリ・ケア連合学会指導医・プライマリ・ケア認定医
臨床研修指導医
日本医師会認定産業医
日本DMAT隊員
東京DMAT隊員
緩和ケア研修会修了者

他己紹介

救命救急センターの設立からを知る数少ないドクター。鑑別に困ったときの相談相手としてNo. 1の座についている、兄貴的存在。明るく笑う姿はとても魅力的で若手からも慕われている。一瞬にして人や問題を見抜く力はどこで身に着けたのか…、驚異の選別眼の持ち主。迷ったらすぐ相談!

戸田 祐太(とだ ゆうた):感染症科所属

専門分野

感染症学、疫学、救急医学

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会認定内科医
東京DMAT隊員
JATEC インストラクター
PALS インストラクター

他己紹介

穏やかおっとり系男子。

早野 大輔(はやの だいすけ) 

専門分野

救急医学、放射線科、呼吸療法、医学教育、災害医学、メディカルコントロール

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会指導医・救急科専門医
日本医学放射線学会放射線科認定医
日本呼吸療法医学会専門医
日本中毒学会クリニカル・トキシコロジスト
社会医学系指導医・専門医
日本蘇生学会指導医
日本腹部救急医学会認定医
日本高気圧環境・潜水医学会高気圧酸素治療専門医
日本臨床救急医学会評議員
ICD(インフェクションコントロールドクター)
臨床研修指導医
日本DMAT隊員・統括DMAT認定者
東京DMAT隊員
JATECインストラクター
ICLSインストラクター・ディレクター
ICLS指導者養成ワークショップディレクター
JPTECインストラクター・世話人
MCLSインストラクター・世話人
ISLSファシリテーター
母体救命J-MELSベーシックコース インストラクター
災害医療救護通信エキスパート
第二級陸上特殊無線技士・第四級アマチュア無線技士
緩和ケア研修会修了者

他己紹介

画像診断に困ったら、まず相談!系統的な画像診断は救急医の領域をはるかに凌駕しています。標準教育にも熱く、多種に及ぶコース運営経験ができる貴重な存在。困ったときには労を惜しまず手を差し伸べ、めんどくさがらずこまめな仕事もこなす、ありがたく優しい一面もあります。

 

沖山 翔(おきやま しょう)

日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
東京DMAT隊員
緩和ケア研修会修了者
JATECインストラクター
ACLSエクスペリエンスドプロバイダー
PALSプロバイダー
JPTECプロバイダー

自己紹介

当院の初期研修(内科コース)、後期研修(救急科コース)出身であり、日赤への愛では常勤メンバーに負けていません。​現在はより大きな視野から救急、そして医療の全体像を見据えようと全国各地の救急医療を実体験しながら、変化し続ける社会に対応できる医療のシステムを考える仕事をしています。
当院では救命救急センターの一員として都内の救急医療体制を守るべく、救急診療・集中治療に従事しています。

 

近藤 祐史(こんどう ゆうじ):厚生労働省

専門分野

救急医学、脳神経外科、災害医学、メディカルコントロール

認定医・専門医・資格等

日本救急医学会 救急科専門医
日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
社会医学系指導医・専門医
日本DMAT隊員・インストラクター・統括DMAT認定者
東京DMAT隊員
日本赤十字社災害医療コーディネーター
TNT研修会修了者

他己紹介

救急科の兄貴的存在。頭蓋内疾患で困ったらまずコンサルト!気づくとERで若手医師のサポートをしています。院内の様々な人と親しく、ネットワークが広い。ベッドコントロールを含め、コーディネートする力は随一です。日本DMAT事務局経験もあり、国内様々な地域の救急医たちともお友達が多く、災害関連の業務でも中心的役割を担っています。

多田野 康太(ただの こうた)

専門分野

救急医学、氷上医学

認定医・専門医・資格等

フィギュアスケーター
フィギュアスケート・バッジテスト 7級(全日本選手権 相当)

他己紹介

氷上の貴公子。かつて高橋大輔選手と共に選手権で戦うほどであったが、フィギュアスケートをしながら医学を学び、現在は医学を極めている。もちろん滑り出しは順調!手技の究め方は恐らくフィギュアスケート譲りで、無駄なくエレガントな美しい手技が評判で、いつもGOE(出来栄え点)+5である。軽やかな病棟回りで、多数の業務を同時にそつなくこなし看護師からの信頼も厚い。初療室における軽やかなステップは、円滑な救急診療に大きく寄与している。

長嶺 圭祐(ながみね けいすけ)

専門分野

救急医学、教育学

認定医・専門医・資格等

PADI Advanced Open Water Diver
シュノーケラー

他己紹介

沖縄出身。沖縄の海を知り尽くした誰がどう見てもとてつもないイケメン(マスク装着が常になされるこの時代、素顔を確認するチャンスが少ないのでもったいない)。一見チャラそうに見えるものの、真摯に医学を極める姿は、その容姿以上にカッコ良く美しい。彼の周囲だけ、なぜか時間の流れが異なる。一般相対性理論でも説明できないこの現象はきっとアインシュタインもびっくりすることだろう。優雅な時の流れでありながら、無駄なくスピーディーな初療が行われ、院内急変の指示も的確。ドラマの撮影以上にカッコいいので、ズルいと思う。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.